IR Design Project 企業1つ1つに個性がある。それを伝える全ての表現をOnly one designに!
株主とのコミュニケーション力をUPさせるIRツール 無料!IRツール1点、ビジュアル提案 キャンペーン中!
IR Design Project HOME Concept(コンセプト) IR&PR(PRの誤解) Appeal to sight(会社の個性) For example...IR Design(IRデザイン例) Contact us(各種お問い合わせ)
IR Design Project HOME > IR&PR(PRの誤解)
IR+PR=You diffuse it PR - Public Relations の誤解
IR とPR の違いを明解に理解し、それを他者へ分かりやすく説明できますか?
外来語の略語を、記号や音としてだけ捉えていませんか?
IR Design Project では、点在する企業内の役割を分かりやすく線で結び、機能させます。なぜなら、
役割を誤解したままスタートしたプロジェクトはゴールすらできないものなのです。
日本ではPR=「広報」(public information)
と誤解している向きが否めません。
「広報」とは断続的、随時的な「公的な情報」に限定された概念です。
Public Relations は「公的な情報」に留まらず
双方向的な「公的な関係性」にまで拡がる概念です。
また、PR を「アピール」と同義語だと
勘違いしている方も多いのですが
アピールの基本は『他と違うことを訴える』ことで、
訴える側の一方的な行動を差しています。
違った分野のパブリック(社会全体)と効果的な関係を育てる
PR とは双方向性コミュニケーションによる
相互理解の必要性を強調し、
・ 企業側の調整概念に資するため
  マネジメントへのカウンセリング
・ 政策調整アクションの役割
この2 つの役割を担うべきものです。
PR をより効果的に機能させ、貢献するためには、
組織がそれぞれの目標を達成するためには、
従業員、会員、顧客、株主など
それぞれ違った分野のパブリック(社会全体)と
効果的な関係を育てていかなければなりません。
IR(Investor Relations)とPRの融合
企業はIR活動を通じて
株主や投資家等と意見交換することで、
お互いの理解を深め、信頼関係を構築し、
資本市場での正当な評価を得ることができます。
また、逆に外部からの厳しい評価を受けることで、
経営の質を高めることができます。
しかし、多くの企業IR情報は単一的なデザインで
構成され、受け手に分かりやすく、
魅力的に見える表現がなされていません。
あなたの会社には2つの価値ある財産がありますか?
IR 活動の全ての表現は、
自社の個性を全面的にデザインすることで
PR 活動につながる働きを兼ねる事ができます。

「株式会社」は「株主」のものです。
ただ、それは、一本の糸のようなもので、
株主だけでは「株式会社」は機能しません。

運営するための戦力たる社員、
そこで生み出される商品やサービスを購入する人々、
こうした直接的、具体的、数えられるもの=定量的なものと、
人の心の中に生まれる、
「なんとなくこの企業に好感がもてる」とか、
「この企業がとても好き」だと思ってくれたりする
間接的、抽象的、数えられないもの=定性的なものという
2つのタイプの価値ある財産を築くためには
IR とPR をデザインして機能させる必要があるのです。
ご相談フォーム まずはお気軽にご相談ください。 IR Design Project
IR Design Projectとは?
長期保有株主を創造したい。
新規の株主を獲得したい。
自社の真のファンを創造したい。
マンネリ化したIR・PR ツール制作に打開策を。
自社の個性を明快に伝えていますか?
アイデンティティーから見直す。
アピール=PR の誤解・・・。
IRを視覚に訴える=IRの感性デザインへ
『見せる』ツールから『魅せる』ツールへ
お問い合わせフォーム
株主とのコミュニケーション力をUPさせるIRツール
無料!IRツール1点、ビジュアル提案 キャンペーン中!
About us(IR Design Project 運営会社)
1977年創業、長年の実績を誇るデザイン・コミュニケーションのプロフェッショナル│株式会社アートオフィスプリズム
| 個人情報保護方針 | Copyright c ART OFFICE Prism. All rights reserved. 当サイトの画像及び文章等の無断使用・無断転載を禁じます