IR Design Project 企業1つ1つに個性がある。それを伝える全ての表現をOnly one designに!
株主とのコミュニケーション力をUPさせるIRツール 無料!IRツール1点、ビジュアル提案 キャンペーン中!
IR Design Project HOME Concept(コンセプト) IR&PR(PRの誤解) Appeal to sight(会社の個性) For example...IR Design(IRデザイン例) Contact us(各種お問い合わせ)
IR Design Project HOME > Concept(基本的な考え方)
Concept 基本的な考え方
ビジュアル表現を最大限に生かして、
視覚的に見やすく、分かりやすく、目に留まりやすく
印象に残るIR 情報を訴求します。
会社ごとに、企業一つひとつに個性があるように、それを伝える全ての表現が個性的であるべきです。
例えば、
とてもおしゃべりなタイプの人と、
もの静かで口数の少ないタイプの人。
このような二人の相反するタイプの人に会ったあなたは
数日後、おしゃべりだった人の話したことは
全体的におぼろげで、もの静かだった方の人の
発した数少ない言葉は明確に覚えている・・・
そんな経験をしたことはないでしょうか。
情報を「ひたすら伝える」から「印象的に、魅力的に伝える」へ。
グラフやチャートなどの表現も
教科書のようなつまらない表現が横行しています。
あなたの会社を、例えばたったひとつのグラフ作成でも
IR Design Project では、
個性的にデザイン表現するご提案をします。
You should transmit the only one design of your company to all people.
×「デザイン」する=カッコ良くする ○「 デザイン」する=機能する
「デザイン」を「ファッション」や「アート(芸術的なもの)」
と同等に捉えている方が多いのですが、
商業活動の中での「デザイン」とは、いわゆる芸術とは違い
「機能する」こと「求める結果に結びつける道具」
と考えた方がよいものです。
例えば、激安スーパーのチラシを思い浮かべてください。
「カッコ良い」とか「ハイセンス」「アーティスティック」
という印象を得ることが少ない分野のツールです。
しかし、この場合のチラシの目的は
「来店誘引」「購買喚起」です。
この目的に対して機能するようデザインされていれば、
その激安スーパーのチラシは「良質で洗練したデザインである」
・・・ということになるのです。
「私が…」「私は…」と、自分のことばかり考えたデザイン
「当社は〜」「我々は〜」と、
自分たちの聞いてほしい、知ってほしいインフォメーションを
羅列していませんか?

右へ習えで、画一的なツール制作をしていませんか?

何でもかんでも変更すれば、
すべてよしという訳ではありませんが、
前回もこうだったから、今回も…
という安易な進め方をしていませんか?

具体的に打ち出せる商品やビジュアルが無いという理由から
当たり障りの無いビジュアルを単なる「お飾り」として
採用していませんか?

IR Design Project の考えるデザインは、
受け手であるユーザーの気持ちを考えた
情報伝達と表現計画をモットーとしています。
ご相談フォーム まずはお気軽にご相談ください。 IR Design Project
IR Design Projectとは?
長期保有株主を創造したい。
新規の株主を獲得したい。
自社の真のファンを創造したい。
マンネリ化したIR・PR ツール制作に打開策を。
自社の個性を明快に伝えていますか?
アイデンティティーから見直す。
アピール=PR の誤解・・・。
IRを視覚に訴える=IRの感性デザインへ
『見せる』ツールから『魅せる』ツールへ
お問い合わせフォーム
株主とのコミュニケーション力をUPさせるIRツール
無料!IRツール1点、ビジュアル提案 キャンペーン中!
About us(IR Design Project 運営会社)
1977年創業、長年の実績を誇るデザイン・コミュニケーションのプロフェッショナル│株式会社アートオフィスプリズム
| 個人情報保護方針 | Copyright c ART OFFICE Prism. All rights reserved. 当サイトの画像及び文章等の無断使用・無断転載を禁じます